国民生活金融公庫の融資を利用しよう:自宅開業独立情報ガイド

国民生活金融公庫の融資を利用しよう

独立開業のために起業する時、自己資金が十分でない場合は、金融機関からの融資などが必要になってきますが、その時に役立つのが、「国民生活金融公庫」です。


国民生活金融公庫は、独立開業して起業する人に対して事業資金を融資してくれる、政府系の金融機関です。


国民生活金融公庫では、これから独立開業して起業することを考えている人のために、いろいろな制度が用意されています。


国民生活金融公庫の融資制度には、「新規開業資金制度」、「女性・中高年起業家資金制度」、「生活衛生貸付制度」、「食品貸付制度」 、「新創業融資制度」、「普通貸付制度」があります。


「普通貸付」とは一般的な貸付のことで、明確な融資目的の定めがなく、原則としてどのような利用目的でも融資が受けられます。


融資額は4,800万円以内で運転資金、車両やパソコンの購入代金といった設備資金など、その資金使途は原則自由です。


運転資金の場合は返済期間は5年以内(据置期間1年)、設備資金は10年以内(据置期間2年)、利率は年1%後半とかなり安く融資してもらえます。


また新規開業者向けの融資制度として、「新規開業(新規開業して概ね5年以内)向け資金」、「女性・中高年(55歳以上)起業向けの資金」というものも存在します。

2007年2月12日|

カテゴリー:国民生活金融公庫