2007年3月の記事一覧:自宅開業独立情報ガイド

類似商号は解禁された

商号を考えなければなりませんが、商号には、注意しなければならない点が、幾つかあります。

注意しなければならない点の一つは、「類似商号」です。

これまでは、基本的に、設立する市区町村内に類似の商号を持つ会社があり、事業内容が同じ場合は、その商号は、使うことができませんでした。


現在では、「新会社法」により、このような、類似商号の使用禁止は、撤廃されています。


ですが、独立開業のために起業する場合、新たに会社を設立し、事業を広い地域へ発展させていくことを考えると、法では禁止されていないとはいえ、やはり既存の会社との類似商号は、避けておいた方が無難だと言えるでしょう。

また故意に類似の会社名前をつけて、ブランドを利用して営業などすると、詐欺行為になりますから、間違ってもそのようなことを考えて、商号を決めてはいけませんし、また万が一にでもそのような疑いをかけられるような商号は使うべきではありません。

せっかくの独立開業ですから、自分のブランドを作り上げることを考えて商号をきめましょう。


また類似商号に問題がなくても、「商標権」等の問題が発生する危険性も、ないとは言えません。
類似商号に関しては、法務局で調べることができます。

また、商標権に関しては、特許庁に問い合わせましょう。


独立開業のために起業する場合、会社の設立を考える時には、大切な商号で後々トラブルを起こすようなことがないように、事前にしっかりと注意を払い、調べておくことが必要です。

2007年3月23日|

カテゴリー:定款について

メルマガとアフィリエイト

ルマガでアフィリエイトする方法もあります。メールマガジンを発行して、その中で情報商品などを紹介して、月5百万も稼いでいる人もいるということです。但しその分経費も100万円ぐらいかかっているのではないかとおもいますが。


問題はメルマガの登録読者を以下に増やす かというところになりるでしょう。その部分での経費はかかるかもしれません。


独立開業するだけの収入にするには、数万人の読者が必要だと思われます。


読者を集める方法としては、無料レポートサイトなどに、無料提供するレポートなどを登録して、その見返りに読者登録をしてもらう方法です。


この方法だと時間はかかりますが精読率の高い読者をコストがかからず集める事ができます。


またコストをかけてもよいのでしたら、有料で懸賞サービスなどで集めたメールアドリスを提供する業者もあります。一挙に数万人の読者を数十万の費用で集めてくれますのでとにかく早く結果を出したいという場合には利用できます。


但し、そのような方法で集めた読者はどんどん解除されますし、精読率も高くありませんので、メルマガの内容も質ではなく、とにかく一日に何通もアフィリエイト商品を宣伝するために配信して、数で稼ぐという方法になります。


この方法ですと、経るのも早いですから、常に有料増加をしていく必要がありますので、収益は全部利益にせずに、また増加サービスを利用するための経費として使います。


いわば運転資金がいるわけです。失敗するリスクも高いので、この方法の場合は、ある程度資金がある方がやるべき独立開業方法だと思います。

2007年3月21日|

カテゴリー:ネットビジネス

リセールライト商品の稼ぎ方

リセールライト商品で稼ぐにはいちはやく商品を手に入れることはもちろんだか、それだけでは、利益にはならない。


あっというまに価格が下落するからだ。だれだって同じ商品ならば安い方を買うのだから。


そこで人より一工夫が必要だ。価格ではなく、商品数や特典で独自の付加価値を付けるのだ。


そのSHOPで購入すると、次回割引券がもらえるなどの購入得点や、その商品をより有意義に使うためのノウハウイ-ブックをつけたりするのも良いだろう。


またボーナス商品をつけたり、セット商品にしたり、自分の独自の特典を、他人にまねできないような付加価値をつけて販売すればいいのだ。


これを賢く行えば、独立開業ビジネスとしてアフィリエイトなどよりずっと簡単に大きな利益を上げる事ができる。


作業量もアフィリエイトやドロップショッピングなどよりずっと少なく楽で、1つ販売するごとの利益率もとても高いものになる。

ツールなどが多いので、仕入れる際にサポートもつけてくれる販売者から仕入れるといいだろう。

2007年3月20日|

カテゴリー:ネットビジネス

社員経験をつんでから独立

飲食店やコンビニエンスストアでは、フランチャイズ契約の際に、「独立社員制度」というものを採用しているところがあります。


自分に向いているかどうか確かめるということができるので、メリットがあると思います。フランチャイズによる独立開業をお考えの人は、知っておかれるとよいでしょう。


独立社員制度とは、一定の期間、フランチャイズ店に社員として勤務して、勤務態度とともに、幾つかの条件に合格した後、フランチャイジーとして独立開業することが許可されるという制度です。


独立社員制度は、フランチャイザーである本部にとっても、フランチャイジーである契約者にとっても、メリットの大きい方法だと言えます。


フランチャイザーにとっては、実際に勤務経験がある社員と契約する方が、一般公募よりも安心というメリットがありますし、フランチャイジーにとっては、独立開業の前に実際に勤務してみることで、その事業が本当に自分に向いているかどうかを判断できるというメリットがあるからです。

2007年3月20日|

カテゴリー:フランチャイズ

定款とは?

定款とは、会社にとっての「法律」であり、いわば会社の設計図とも言えるものです。

「株式会社」の場合は、定款の承認を受けることで、初めて、株式会社として認められますので、定款は必ず必要なものだと言えますし、承認の必要のない、合同会社などでも、会社には必ず必要なものです。


定款という言葉にあまりなじみがなく、難解なイメージを持つ人もあるかもしれませんが、決まり事に従えば、定款作りは、それほど難しいことではありません。


定款はいつでも変更し登記する事ができます。最低限書いておかなければならないことがあり、その他書くことによって有効になることや、定款に定める事が出来ないことなどがあります。


会社の憲法や法律みたいなものですが、商法や会社法の制限を受けるものです。


独立開業、起業で会社を設立する場合はまず、定款について、きちんと理解することが必要だと言えるでしょう。

2007年3月18日|

カテゴリー:定款について

未経験の業種でも独立できる

フランチャイズによる独立開業の一番のメリットは、未経験の業種でも試行錯誤して、無駄なことをするというリストを避けられるという点だと考えられます。

フランチャイズの場合、開店までの進め方や、経営のための技術や知識などのノウハウ、従業員の教育などのマニュアルが完備されているため、未経験者でも、スムーズに独立開業を進めることができ、安心だと考えられます。


独立開業はしたいけれど、経験がなく不安だと思われる人は、未経験者でも安心なフランチャイズによる独立開業を視野に入れてみられてはいかがでしょうか。

2007年3月18日|

カテゴリー:フランチャイズ

ドロップショッピングとは?

時々間違えた表記をみかけますが、ドロップショッピングではありません。


ドロップシッピングが正しくて、ドロップショッピングは間違った表記です。


英語で書くとdropshippingとなる。drop shipという言葉に分解すると分かりやすい。つまり直送を意味するようである。


そのシステムだが、英語圏で元々あるドロップシッピングでは、色々なリスクが伴う。先に注文をとり、仕入れて売るという、在庫リスクをなくすのがもともとのシステムであるが、輸送上のトラブル、返品や代金回収についてはリスクを負うのが基本的な考えのようだ。


アフィリエイトの進化版だとはいえるかもしれないが、元々はアフィリエイトよりもずっとリスクの高いものになる。

日本で行われているものをみると、これらのリスクを省いたもので、殆どアフィリエイトと変わらないようなものがASPで提供されている。

2007年3月17日|

カテゴリー:ネットビジネス

フランチャイズと代理店の違い

独立開業をお考えの人の中には、「フランチャイズ」「代理店」の違いをよく分からないと思われている方もいるのではないでしょうか?


殆ど同じと考えても・・・実はそれほど間違いではない場合もありますが、システム的には代理店制度で、加盟契約はフランチャイズ契約のような形態になっていたりする場合もあります。


明確な定義付けはありませんが、概ね大きな違いがありますので、独立開業をお考えの人に、フランチャイズと代理店との違いについて、説明しましょう。


一般的に代理店とは、ある特定のメーカーや流通業者と契約し、取引の代行や、仲介・斡旋をする業者のことを言います。


代理店は、取引の代行や仲介などの件数に応じて、一定の手数料を受け取り、それを収益としています。


代理店がフランチャイズと大きく違う点は、代理店の場合は、商品の管理方法や商売の方法は、それぞれの代理店に任されているという点です。


これに対して、フランチャイズの場合は、商品に加えて、あらゆる点でのマニュアルが決まっており、それに従って経営を行っていくというシステムになっています。


フランチャイジーは、フランチャイザーに、商品だけでなく経営ノウハウについても、ロイヤリティーとして、費用を支払わなければなりません。


インターネットの、募集を取り扱っているホームページでは、フランチャイズの募集と代理店募集が一緒に掲載されているホームページも多いですが、独立開業を目指して募集の情報を収集する時には、この2つの違いをよく把握しておく必要があります。


但し、代理店という形をとっていて、営業や活動は自由を許されていて、ロイヤリティもないが、商品の制作ノウハウという形では、提供していて、その部分ではフランチャイズといってもよい両方に足がかかっている加盟形態もあります。


実際に代理店募集などを行っているサイトで、資料などを請求してみるとその募集がどんな内容なのかよくわかるでしょう。

2007年3月17日|

カテゴリー:フランチャイズ

地域創業助成金

独立開業するならば、助成金についても知っておきましょう。

財団法人高年齢者雇用開発協会の「地域創業助成金」というものがあります。

地域創業助成金は、独立開業する人を対象にした助成金制度ですが、独立開業する事業が、「地域に貢献する事業」であることが条件です。


また、地域創業助成金には、「再就職を希望する者(65歳未満)を常用労働者及び短時間労働者としてあわせて2人以上雇用した場合」という条件もあります。


条件はありますが、助成金は融資ではなく助成なので、基本的に返還する必要がないので、独立開業するものにとっては心強い援護となってくれるものだと思います。

2007年3月16日|

カテゴリー:助成金

リフレクソロジーとは?

癒し系のビジネスの中では、スキルを身につけやすいのか、個人でも独立開業ビジネスとして、始められることで人気も結構あるようです。


リフレクソロジーとはいわゆる足ツボマッサージのことで全身の器官が足裏に反映されていると考えられており足裏全体を刺激することにより身体のバランスを整えるという健康法の一つです。


針灸とは違って、基本的に手で刺激する方法です。最近、英国式という名前で有名人が開業していますが、そのまま英国の方法を取り入れたものではなく、独自に開発したものです。


ですから英国式というのは、別にイギリスに特別な手法があるわけではないのです。古くからある手法を現代風にアレンジし、また新しいイメージを出すために西洋式の名称をを付けたりしているだけです。


またイギリスが発祥というわけでは全くなく、現在もイギリスでおこなわれているのは、なでるようなマッサージのようなものらしいです。大きく分類すると東洋式(中国・台湾式等)と西洋式(英国式等)に分かれていますが、単にビジネス的な戦略で言っているだけのことですので、本場で学ぼうと、イギリスなどに留学してもあまりいみはないかもしれません。

2007年3月15日|

カテゴリー:美容・健康ビジネス

オリジナル絵本ビジネス

たぶんあまり知られていないビジネスとして、米国産まれのオリジナル絵本ビジネスというものがある。
絵本の主人公などを申込者が注文したデータで制作して作る絵本である。


それって独立開業の収入になるの?と思われるかもしれないが、これがなかにかどうして、直売の他に企業のノベルティとして、数百、数千単位で注文がとれるというのだから、努力次第で十分な独立開業収益を目指せるかもしれない。


代理店制度のようなFCのようなシステムだが、ロイヤリティなどはなく、最初の加盟金だけで、リスクは少なそうだ。


副業や、別の独立開業ビ゛シネスの補助的や役割を果たせる可能性もある。有名キャラクターしれよんしんちゃんなどの制作販売ができるのもおもしろい。


詳しくは、独立開業・企業のための情報館のサイトメニューにある独立開業にオリジナル絵本ビジネスをご覧ください。

2007年3月13日|

カテゴリー:一般ビジネス

扶養者控除&配偶者などについて

夫婦のどちらか片方が、会社員で、片方が扶養者で、その扶養者が事業を始める場合など、気おつけなければならない税金と扶養者控除の関係があります。


扶養される者の年収が103万円以内ならば、所得税では扶養者控除の対象になります。


また、片方が会社員の場合、社会保険は、年収130万円を超えると扶養者扱いにならず自分で健康保険税を納めなければなりません


自営業者の場合、どちらにしても会社が負担ではないので、自分で納める必要がありますので、あまり関係ないところですが、給与所得者の場合は注意が必要です。


片方が会社員で、扶養の対象となっている場合は、税金と収入の関係をよく確かめておきましょう。


自営業者の場合はあまり気にしなくとも良いでしょう。また片方が会社心で、片方が個人事業主であっても、収入がなければ、扶養者になれます。

タグ

2007年3月13日|

カテゴリー:個人事業主, カテゴリー:独立開業と確定申告

確定申告の必要な人

確定申告が必要な場合について知っておきましょう。独立開業しなくとも、給与以外に20万円以上の収入がある場合は、確定申告の対象となります。


また事業を営む場合は、原則だれでも確定申告が必要ななります。但し申告しても基礎控除という38万円の控除がありますから、それ以下の場合は、義務はありません。

但し、赤字であっても、開業した場合は、個人事業主でも(法人の場合は、収益に関係なく、赤字でも法人税がかかりますので、絶対に申告する必要があります。)


確定申告をするほうが、翌年に減価償却や赤字を持つ越せる場合もあるので、お得になるはずです。独立開業するならばこれらのことはよく考える必要があります。

2007年3月13日|

カテゴリー:独立開業と確定申告

青色申告とは?

青色申告は、日々のお金の出入りをきちんと経理上の管理をすることで、税制上の優遇が受けられる新引く方法です。


青色申告にも2つの方法があります。白色申告と同じ簡易簿記ですむ簡単な青色申告と、複式簿記が必要な青色申告です。

前者は10万円の控除(所得から10万円無条件で差し引ける)、後者は65万円の控除が受けられるものです。


65万円はかなり大きいと思います。10%の所得税で考えると単純計算で6万5千円の税金が節約できるわけです。


また前者の場合、5年以内は申告できる期限がありますが、後者の場合の青色申告の場合、翌年の3月15までとなります。


その期限を越えた場合は、控除は10万円となってしまうことになります。


また青色申告の場合、3年間は赤字を繰り越すことができ、更に、青色申告の場合15歳以上の家族でも従業員として給与を払ったとして控除する事ができます。


但し、複式簿記は、素人にはなかなかわかりにくいですね。専用の通帳を用意すると便利ですが、簡易簿記のように、収入と支出だけの管理でなく、残高を管理していかなければなりません。


でも、最近は、パソコンさえあれば便利なソフトが出ていますから、ソフトを立ち上げて入力しておくだけでちゃんと複式簿記ができるので、所得が300万円を超えるようになったら、始めるおとをお勧めします。

2007年3月13日|

カテゴリー:青色申告

白色申告とは?

個人事業主でスタートする時は、収入が300万未満ならば、白色申告でもいいでしょう。


白色申告の場合、売り上げから経費を引いて300万円以下になる場合は、帳簿をつける義務が生じないので、ビジネスだけに集中する事ができます。


領収書をとっておいて、確定申告の前に計算する事ができるので、経理にかける日々の時間が節約できるでしょう。


但し白色申告でも収入が300万円をこえる場合、帳簿づけの義務が生じるようになります。その場合でも簡易帳簿でいいので、収入と支出が記帳されていればOKではあります。


でもどうせならば、300万円以上の収入になるのならば、青色申告にして、青色申告の控除を受ける方が有利になります。


とにかく独立開業すると、確定申告をしなければならないことを頭に入れておいて、領収書やレシートはとりあえず漏らさず保管しておくことです。


独立開業して最初は白色申告でも良いが、経営という概念も必要になってくるので、出来るだけ早く青色申告にトライしたほうがいいとおもいます。

2007年3月13日|

カテゴリー:白色申告

飲食店の開業

飲食店を開業する場合、食品衛生法に基づき保健所の「飲食店営業許可」が必要になるので、誰でも即というわけには行きませんが、基本的に必要な手続きをすれば許可が得られます。


各都道府県の所轄となっているので、保健所によって異なるので、詳細については、所轄の保健所に問い合わせる必要があります。 また、深夜において酒類の販売を行なう場合は、「深夜酒類提供飲食店営業」として、公安委員会への届出も必要になるのでその点に関しては注意が必要です。


詳細は、営業したい地域の管轄警察署保安係へ問い合わせることになります。 保健所の許可については、まず事前に相談に行く必要があります。


1開店するお店の設備については着工前に平面図を保健所へ持参して、設備面でのアドバイスを受けてから、それに必要な提出書類をもらうってきます。トイレや手洗う場所などの位置も大切です。


2実際のお店の施工前に申請書、営業設備の概要、印鑑、手数料、水質検査成績書、食品衛生責任者証明を用意して申請します。


3お店の準備が整ったら保健所の担当者が来店して設備をチェックをしてくれます。基準に満たないときは、改善をして、再検査を受けるように言われます。実地検査の日程や立ち会い人については書類の提出時に相談ほぼ決めておくようにします。また何年が後に定期的な検査が行われます。


「食品衛生責任者」をおくことが義務づけられていますが、調理師、栄養士、製菓衛生師の資格を持っている人しかなることはできません。

2007年3月13日|

カテゴリー:一般ビジネス

ネイルサロンと資格

ネイリスト(nailist)は、爪の美容と健康のお手入れ(ネイルケア)、ネイルチップ(つけ爪)や爪に装飾やアートを施すネイルアートなどを行なう職業だ。


職業としてネイリストになるには、各種団体の「JNA 日本ネイリスト協会」が認定した訓練校に通い、JNAが認定し主催しているネイリスト技能検定試験などに合格し取得すれば、美容の技術力の証明になる


ただし、国家資格ではないため、検定試験に合格しなくても現段階ではネイリストになることができる。

2007年3月13日|

カテゴリー:美容・健康ビジネス

サイト+SEOアフィリエイト

ごく一般的な方法として、ホームページをつくって、検索エンジンからのアクセスを主体にアフィリエイト収入を目指すという方法があります。


但し、実際に月に5000円以上の収入になっている人でも、数%しかいませんから、独立開業できるだけの収入になっている人はごくわずかです。


その反対に一部には月に7桁以上稼いでしまうという人もいます。それでけ収入になることを考えると、独立開業できるビジネスといえるでしょう。


安定して上位表示されるサイトをつくってしまえばあとはあまり手が掛からないので、自宅で一人でできる独立開業方法ともいえるでしょう。しかし、安定して上位表示されるようなサイトを作ることは相当の作業量がいります。検索エンジンにあわせるのではなく、検索エンジンが上位表示させたくなるような、情報が豊富で役立つサイトを作る必要があるからです。


被リンク(外部のサイトからリンクを受けることが、そのホームページの質を高いものと評価する基準になり、検索ロボットは、同一の内容のサイトからの質の高い一方的なリンクを高評価します。)


また、最近は、ソースも重要になっています。ホームページを構成するhtmlやxhtml、デザインをつくるスタイルシートなどをきちんとつくる事が重要で、そのためのスキルも身につけないといけません。


小手先のテクニックや便利ツールだけで、安定した上位表示サイトは作ることができません。何もないところから1ヶ月や2ヶ月で独立開業できるだけの収入になるとは思わないことです。アフィリエイトサイドで独立開業したかったらまずはホームページを作る方法について学ぶべきです。

また日本では、ヤフーの検索エンジンが使われる率が非常ら多いので、ヤフーで上位表示されるかどうかが、収入に大きく影響します。


しかし、グーグルに比べてヤフーの検索エンジン対策は、システムが頻繁に変わるので、困難な事が多く、今日のSEO対策が、明日は通じないななんてことは日常茶飯事でおきています。

2007年3月13日|

カテゴリー:ネットビジネス

日本のドロップシッピング

一般的に日本のASPでは商品の値段を予め設定された価格以上で自分で決める事ができるようになっているが、海外で本来行われているドロップシッピングのように、代金の回収や発送後のアフターサポートなどのリスクはなく、商品を紹介して、後は売れたら仕入れ価格との差額が利益になるというだけで、ほとんどアフィリエイトと代わりがないものが主流だ。


アフィリエイトとの多少の違いは、オーション出品用のものも用意されるAPSがあることだろうか。もちろんそれ以外のドロップシッピングAPSも存在しているので、全部同じではないが。

基本的には、自分で値段が設定できるという点以外アフィリエイトとなんら変わるところがないわけです。

このほうほうならば確かにリスクはすくなく、安全だといえます。しかし、アフィリエイトとさほど変わらないので、アフィリエイト収入で独立開業目指すのと、ドロップシッピングでそれを行うのとたいして差はないような気がします。

2007年3月13日|

カテゴリー:ネットビジネス

LLPとは?

LLPとは、平成18年8月1日より、活用できるようになった、法人格を持たない組合組織のことで、日本語名は「有限責任事業組合」といいます。


株式会社や有限会社などとことなり、自由度が高く、人的な資産の活用が容易にできる組織形態です。出資者と経営者が同一であるため、機動力があり、同一の目的向かって事業を進めていく事ができます。


出資者と分離されていないので、株式会社のように資金を集めるには適していませんが、これまで無限責任であった組合組織と異なり、有限責任であるため、事業化しやすく、ジョイントベンチャーなどで活用される事が期待されています。


法人格を持たないため、法人税は課せられず、組合員に分配された時点で、課税されますので、一般の法人のように、二重課税にはならない仕組みです。

2007年3月13日|

カテゴリー:有限責任事業組合(LLP)

一人で株式会社が作れる

新会社法では、定款に新しく任意に定められることが増えて、1人でも株式会社が運営できるようになりました。

また定款に定めることで、監査役を撤廃することができ、取締役の人数も1人とすることできます。

つまり自分が株主で取締役という完全に1人だけの株式会社を設立することができるようになりました。


これまでのようにお飾りでも家族や親類、知人などに監査役になってもらう必要があったのですが、その必要が全くなくなり、一人株式会社が設立できるわけです。


独立開業の1つの選択肢としてより株式会社の設立が楽になったといえ、起業家にとってはとても良いことだと思います。

2007年3月12日|

カテゴリー:新株式会社

最低資本金の額がない

最低資本金制度が撤廃されましたので、資本金はいくらでもかまわなくなりました。

極端に言えば1円でも言い訳ですが、もちろんそんなに資金がないのでは株式会社にする意味はありませんが。


形だけ株式会社であっても、余計に運営コストと手間がかかるだけで、意味がないのです。独立開業のかっこだけきめてもしかたありません。


最低でも、純資産が300万円以下の場合には配当を支払えないことになっていますので、300万円程度の資本金は用意しておきたいところです。(配当しなければ別にかまいませんが。)企業間取引でも、資本金が全然なければ信用してもらえません。

但し、一千万円を用意する必要がなくなったのは、これから起業する人たちにとって大きな手助けとなることでしょう。起業、独立開業しやすくなることは、日本全体の経済の活性化に不可欠です。

2007年3月12日|

カテゴリー:新株式会社

合同会社設立について

設立の際の登録免許税6万円となっています。設立登記などを司法書士や行政書士に頼むと3~10万円程度の手数料で設立できると思います。


定款は、電子定款で作成すると印紙代4万円が不要になります。自分で登記することもできますが、手間と時間がかかると思います。


この程度の手数料がでないようならば、そもそも法人化するまえに個人事業主として、独立開業をして売り上げをある程度あげてからでも遅くないと思います。


独立開業するというと、対して売り上げもないうちから、格好だけで法人化しようとする方もいるようですが、合同会社といえども、株式会社ほどでないにしても、付帯業務が沢山あります。


そして税金も、法人税がかかってきます。法人税は、会社が赤字でも一定額をとられますので、よく考えて設立しましょう。


設立しあっというまに、そして簡単にできてしまいますが、設立した後が大変なのです。従業員をパートでもアルバイトでも雇えば労災保険に加入しなければなりません。


労働時間によっては、社会保険や、雇用保険の業務も発生します。そして貸借対照表など必要な会計書類も作成しなければなりません。


合同会社といえども安易な気持ちで設立するのはいけません。貴方の独立開業に本当に必要だと思う場合にしましょう。


消費税の必要な売り上げ1000万円を超えたり、収益で800万程度にならなければ個人事業主でも十分独立開業できます。税金については、確定申告のページを参考にしてください。


また株式会社も新会社法では、資金1円で1人からでも開業できますので、事業内容によっては検討してみる必要はあるでしょう。また資金などについては、開業資金のページをご覧ください。


有限会社は、合同会社ができたことによって、新たに設立できなくなりましたが、合同会社があるので有限会社が設立できなくなったことについては独立開業にはなんの影響もないと思います。

2007年3月12日|

カテゴリー:合同会社(LLC)

合同会社の持つ特性

合同会社には、主に3つの特徴があります。有限責任であること、内部自治の原則であること、共同事業性であることです。有限責任制とは、それと対比する無限責任制と逆で、合資会社や合名会社では必ず必要とされる無限責任社員が合同会社では必要がないということです。


これは、自分が会社に出資した分のみについて責任を負うと言うことです。但し勘違いしないで欲しいのは、日本の金融社会では、資金の借り入れなどはほとんどの場合、個人資産を担保にとられてしまいますまから、どんな場合でも出資した分だけで済むというわけではありません。


次に内部自治の原則として、定款を自由に作成する事ができるため(絶対的に記載しなければならない事項は定められていますか)事業の目的にあわせた会社作りと運営が、身軽に行えることになります。


また共同事業性として、基本的に出資者は全員事業に参加することが原則なので、会社員全員がその目標に向かって業務を遂行することで、株式会社のように、大多数の株主と一部の経営陣という構図ではなく、事業目的にむだなく全員が行動することになります。


但し、資金も必要なときには、定款で定める事によって出資のみを行う社員を存在させる事ができます。


設立に際しては、1名のみで設立することができます。複数の社員で構成する場合は、全員が業務執行権利をもち、全員が代表権を持つことができますが、それと別の定めを定款ですることもできます。


株式会社のように、出資者、社員、代表社員、従業員(出資しない労働者)のようにすることもでき、小さくビジネスをはじめて、大きな組織にしていくことも自由にできる、柔軟性をもっています。


小さく、だけど法人として独立開業したいという場合、この合同会社(LLC)はとてもよい会社形態だといえます。


また合同会社は株式会社に組織変更する事もできますので、将来ビジネスが拡大したときにも対応できます。

2007年3月12日|

カテゴリー:合同会社(LLC)

合同会社(LLC)が作られた訳

平成18年の新会社法の施行によって設立することができるようになった新しい会社のことで、LLCとも呼ばれます。


新規の独立開業や起業を考える場合は組織や資金力というより、アイディアや専門能力を生かしたものになるのが普通です。すでにある大企業が子会社をつくるばかりでは、新しい企業やビジネスはなかなか産まれず、産業は停滞気味になってしまうのです。


つまり国の制作として、新しい起業家が簡単に独立開業できるような方法がなければならないのです。


しかし、日本では、規制の多い株式会社などの法人形態しかなく、アメリカのような、もっと個人が起業しやすい、法人形態が必要だったのです。


そのために改正された会社法によって、できたのが合同会社という法人です。これからまさにこれから独立開業を目指す方にとって知っておくべき会社の形態でしょう。

2007年3月12日|

カテゴリー:合同会社(LLC)

個人事業主で独立開業するメリットとデメリット

あえてメリットをいうとすると即独立開業できることでしょう。会社のように複雑な付帯業務や登記もいらず、確定申告だけすればOKですから、思い立った日が独立開業日です。


自分で開業の日付を決める事ができます。とりあえず事業に専念することができますので、一人ビジネスで、何もかも自分でやらなければならない場合は、たっぷりと事業に時間を使う事がてきます。


青色申告を選択すれば、記帳は面倒ですが、青色申告にも、10万円の控除あるものと65万円の控除のある申告の仕方の2通りありますが、白色申告と違って、15歳以上の家族を従業員に見立てて給与を支払えるという方法もありますので、個人事業主では、700~800万円程度までの収入でしたら、さほど税金の上では法人化するメリットはないかもしれません。


(個人事業主でも売り上げが1000万円を超えると消費税の支払いが必要です。)


デメリットとしては、日本ではまだまだ個人より、法人を信用するという傾向が高いので、取り引きしてくれない会社などがあったり。信用してもらえないなどのデメリットが生じる場合があります。


また収入が多くなれば、会社として運営した方が税金面でメリットがでてきます。

2007年3月12日|

カテゴリー:個人事業主

個人事業主になる方法

個人事業主になるのはいたって簡単です。個人として事業を営んでいれば全て個人事業主ということになるのです。開業届というものが税務署にありますが、提出しなくとも個人事業主であることに変わりません。


これは税務申告をもらさないようにするものですので、個人事業主になることが許認可制でないことをいみしています。日本国民であれば自由にビジネスはできる訳です。但し、納税の義務もあります。


開業届けを出さない理由もありませんし、また確定申告の時期には必要な書類が送られてきますので、お住まいの管轄税務署と、事業を行う地域の県税事務所に開業届けを出しておきましょう。


屋号や住所などを記載する簡単な記載事項があるだけの用紙です。独立開業のけじめにもなるのではないかと思います。

2007年3月12日|

カテゴリー:個人事業主