白色申告とは?:自宅開業独立情報ガイド

白色申告とは?

個人事業主でスタートする時は、収入が300万未満ならば、白色申告でもいいでしょう。


白色申告の場合、売り上げから経費を引いて300万円以下になる場合は、帳簿をつける義務が生じないので、ビジネスだけに集中する事ができます。


領収書をとっておいて、確定申告の前に計算する事ができるので、経理にかける日々の時間が節約できるでしょう。


但し白色申告でも収入が300万円をこえる場合、帳簿づけの義務が生じるようになります。その場合でも簡易帳簿でいいので、収入と支出が記帳されていればOKではあります。


でもどうせならば、300万円以上の収入になるのならば、青色申告にして、青色申告の控除を受ける方が有利になります。


とにかく独立開業すると、確定申告をしなければならないことを頭に入れておいて、領収書やレシートはとりあえず漏らさず保管しておくことです。


独立開業して最初は白色申告でも良いが、経営という概念も必要になってくるので、出来るだけ早く青色申告にトライしたほうがいいとおもいます。

2007年3月13日|

カテゴリー:白色申告