青色申告とは?:自宅開業独立情報ガイド

青色申告とは?

青色申告は、日々のお金の出入りをきちんと経理上の管理をすることで、税制上の優遇が受けられる新引く方法です。


青色申告にも2つの方法があります。白色申告と同じ簡易簿記ですむ簡単な青色申告と、複式簿記が必要な青色申告です。

前者は10万円の控除(所得から10万円無条件で差し引ける)、後者は65万円の控除が受けられるものです。


65万円はかなり大きいと思います。10%の所得税で考えると単純計算で6万5千円の税金が節約できるわけです。


また前者の場合、5年以内は申告できる期限がありますが、後者の場合の青色申告の場合、翌年の3月15までとなります。


その期限を越えた場合は、控除は10万円となってしまうことになります。


また青色申告の場合、3年間は赤字を繰り越すことができ、更に、青色申告の場合15歳以上の家族でも従業員として給与を払ったとして控除する事ができます。


但し、複式簿記は、素人にはなかなかわかりにくいですね。専用の通帳を用意すると便利ですが、簡易簿記のように、収入と支出だけの管理でなく、残高を管理していかなければなりません。


でも、最近は、パソコンさえあれば便利なソフトが出ていますから、ソフトを立ち上げて入力しておくだけでちゃんと複式簿記ができるので、所得が300万円を超えるようになったら、始めるおとをお勧めします。

2007年3月13日|

カテゴリー:青色申告