個人事業主になる方法:自宅開業独立情報ガイド

個人事業主になる方法

個人事業主になるのはいたって簡単です。個人として事業を営んでいれば全て個人事業主ということになるのです。開業届というものが税務署にありますが、提出しなくとも個人事業主であることに変わりません。


これは税務申告をもらさないようにするものですので、個人事業主になることが許認可制でないことをいみしています。日本国民であれば自由にビジネスはできる訳です。但し、納税の義務もあります。


開業届けを出さない理由もありませんし、また確定申告の時期には必要な書類が送られてきますので、お住まいの管轄税務署と、事業を行う地域の県税事務所に開業届けを出しておきましょう。


屋号や住所などを記載する簡単な記載事項があるだけの用紙です。独立開業のけじめにもなるのではないかと思います。

2007年3月12日|

カテゴリー:個人事業主