学習塾・教室で開業する:自宅開業独立情報ガイド

学習塾・教室で開業する

自宅開業できる独立開業ビジネスとして、教室、教育ビジネスを考えてみよう。


主婦が自宅を利用して、できる学研やECC、小学館などの教材関連会社の宣伝的な教室もある。


FC加盟のようなシステムだが、大した費用はかからないようだ。


こいうい教室は開業試験などがあるようで、学力があって、テリトリーに問題がなければ開業できるようだ。


また開業のための費用は数万円ですむところもあり、資金はさほどかからないようだ。


広告などのチラシも本部で巻いてくれるので運営費もさしてかからない。


但し、その分かなり利益率は低く、ロイヤリティーは月謝の半分前後とられるようだ。100名ぐらい生徒を貴方自身にあつめるだけの魅力がないと、独立開業できるだけの収益にはならないだろう。


また、決まった教材やシステムなどがあるので自由に変更することはできないので、面白みにはかけるだろう。主婦の副収入程度にはいいかもしれない。


それとは逆に、資金が相当かかるフランチャイズ系の学習塾もいろいろある。但し勘違いして欲しくないのは、資金をかけたからといって、成功する確率が高くなるわけでもないし、フランチャイズに加盟したからといって、その名前だけで生徒が集まるわけでもない。


逆に資金がかかる分、リスクが大きくなり、ロイヤリティや資金の借り入れの返済、テナント費用などがあると、生徒を40以上あつめてやっと多少利益があるかという程度だろうから、簡単には大きな収入にはならない。


全国の子供の数を考慮して、塾に通う率を考えると、1教室20名ぐらいと言われているので、生徒の取り合いに勝たなければ、フランチャイズに加盟したからといって、独立開業に成功できるわけではない。


本当に塾で独立開業を果たしたい、リスクを押さえたいと思ったら、自分で開業してしまうのがベストだと思う。


但し、自分で教える、自分が講師をできる場合の話だ。実際に、独力で塾を立ち上げで成功している人は結構いる。企業塾とは違った需要がそこにはあるからだ。


地元密着型の塾長の魅力が支える強う塾は、素人がフランチャイズ塾で挑んでも負ける確率が圧倒的に高い。かくいう、このページ主筆者は、自力で塾を開いて、十数年以上塾経営をしてきたので、たちまち閉室する素人オーナー塾を見てきたので、真実の話である。


自分で開ける学習塾ノウハウでコストをかけず開業できるでしょう。

2007年8月29日|

カテゴリー:一般ビジネス