開業資金と融資:自宅開業独立情報ガイド

開業資金と融資のサブカテゴリ一覧

資金調達の事業ローンについて考える

資金がそんなに必要ない場合もおおいであろう、自宅開業の場合でも、

事業の拡大とともに、運転資金が足りなくなってしまう事もあると思います。

独立時よりも、取引先が増えて、仕入れ資金などが増えていくので、

自宅開業で小さく始めたとしても、いずれ資金調達ということは必要になってくることが結構あるものです。

この場合、事業融資を受けることになるわけですが、どんなところで借りたらいいのかということも知識としては重要です。

独立開業するときに資金を借りる必要がなかった人は、あまり融資を受けるという事に関して知識を持っていないことが多いと思います。

ですから、ちょっとの期間借りるだけだからと思って、すぐに貸してくれるところを選んでしまわないようにしましょう。

すぐに貸してくれるというのは、商工ローンとか消費者金融のことです。

短期であれば、金利が高くても、すぐに返すので問題ないわけですが・・・

融資を受けるというのは、実績作りにもなり、次の融資を受けるさいに利点になるのです。

とくにすぎに返せるのだったら、金融機関との関係において実績を作っておくことができるので是非とも、銀行などで借りたいところです。

最近は銀行もビジネスローン商品には積極的ではありませんが・・・

商売をしていくうえで、メインバンク作りと、その関係作りはとても大切なので、普段の支払いに使っている銀行に、事業資金の融資を相談することがいいと思います。

事業ローンの条件は公庫が一番有利ですが、もっと資金が必要になったというときに銀行にも借りなければならないことがあるかもしれませんから、信頼関係を作る意味でも重要なことだと思います。

タグ

2012年7月21日|

カテゴリー:事業ローン, カテゴリー:開業資金と融資

大口ローンのチャンス

新規開業融資や起業後間設備投資など大きな資金の調達をしたいのならば、今が低金利で事業ローンなどの大口ローンを組む最後のチャンスかもしれません。

サブプライムローン問題で、景気が悪い昨今ですが・・・

おかげで、金利上昇が確実しされていた日本でも、差資金は利上げがずっとできない状況が続いています。

そんなか、長期の市場金利が下がっていて、住宅ローンに代表される大口ローンの金利が低下してきています。

まだ下げる余地はありそうですが、そうはいっても、日本の公定歩合は、下がないですから、いずれ近いうちに金利の上昇がきます。

いちど上がり出すと当分は下げないでしょうし、物価上昇の時代ですから、今後あげあしが早まるかもしれません。

またもし、すでに高い金利で借りているような長期のローンがあれば、今の撃ちに借り換えなどしておくといいでしょう。

自宅を増改築して、また新築して併用住宅などのために住宅ローンを組んでいる場合など、住宅ローン借り換え専用の商品なども出ていますので、借り換えると支払いが減る可能性があります。

2008年4月21日|

カテゴリー:開業資金と融資

開業資金について

独立開業したいときにどんな支援が必要になるのでしょうか? 個人事業主で始める場合でなければ、法人を設立したりするのに、登記や専門家のアドバイスが必要になりますね。


また、経理や人を雇う場合の労務など、実際のビジネスとは別の部分での知識や手続きが必要となります。そういう場合のサポートやアウトソウジング先を見つけることも必要になります。


会社の設立や商法に関わる登記の専門家は、司法書士になります。会社設立ならば行政書士もやってくれます。経理に関することは、税理士、もし人を雇うならば、社会保険労務士に相談する必要も出てくるでしょう。


資金面の支援を受けたいのならば、公的な機関を考えるといいでしょう。国民生活金融公庫と中小企業金融公庫などが、独立開業、起業などの資金を調達する先となります。


開業計画書といわれるものを提出して審査をうけて、通れば融資してもらえます。
まずは、国民生活金融公庫の窓口などで、必要書類を集めましょう。


開業計画書のB4の用紙はそのまま見本通りに書いても、不十分なので「要約」として使利用して、その詳細は、別の用紙を用意して提出しましょう。

融資する側が開業計画書で何を知りたいのかということをよく考えて各必要があります。


公的機関とはいえ、ちゃんと融資した分は回収しなければならないのですから次の2つの個は絶対に必要です。


1 この事業を行い、その収益が返済していけるのか
2 その収益をあげるための事業の下準備は万全なのか


ということです。

2007年2月12日|

カテゴリー:開業資金と融資