独立開業するためのビジネス:自宅開業独立情報ガイド

クロスワードパズル作家が月150万円稼ぐ?

先日TVを見ていてびっくりしたのが、クロスワードパズルを作る在宅仕事で、月最大150万円も稼ぐというクロスワードパズル作家がいるということです。

こんなに稼げれば、十分独立開業といえるレベルだと思います。

ただ誰もがそう稼げる訳ではなく、それだけスキルがあり、ボキャブラがあるから特に稼いでいるということであって、

普通の在宅ワーカーは、2万円程度が現実らしいです。もっとも時間があれば経験をつめ、いけ員を積めば作成時間も短縮でき、収入も伸びるのでしょう。

タグ

2011年6月 1日|

カテゴリー:独立開業するためのビジネス

ビジネスのための資格取得

自宅開業したくてもできるビジネスが何もないという場合は、資格取得での独立開業を考えてもいいかと思います。

資格取得による自宅開業ビ゛シネスも考えてみれば結構あるものです。

資格取得といっても3つの大別があります。

民間資格、公的資格、国家資格などです。

社会的な信用力で言えば、国家資格が一番だとは思いますが、だからといってかならずしも国家資格が一番自宅開業しやすいともいえませんし、稼ぐことができるともいえません。

難易度の高い資格がおおいのが国家資格なので、自宅開業できるような資格取得、士業などはかなり取得に時間がかかりますので、難易度の高い資格取得は、何年もかかるかもしれません。

逆にネイリストやリフレクソロジーなど、美容健康ビジネスの開業に向く民間資格は、一定期間スクールに通えばたいていの人は必ず取得できる資格です。

もちろん資格取得自体が目的でなく、どんなビジネスを下以下にもよりますので、資格取得の難易度や取得期間だけで決めるわけにはいきませんが。

とにかく自宅開業するビジネスと資格取得を結びつけることで、開業しやすくなりますし、成功率を多少なりとも上げてくれることになると思います。

自宅開業に資格取得を考えてみるのは、有効な方法だと思いますので、どんな資格があり、そりによってどんなビジネスが自宅開業可能かを考えてみるとけっこういいアイディアが浮かんで来るかもしれません。

2008年4月21日|

カテゴリー:独立開業するためのビジネス

どんなビジネスを選択するのか?

給与所得者が現在の仕事を辞めずに独立開業を目指すならば、自宅で始められるビジネスを選ぶのが適当でしょう。


週末社長なんてのも一時期はやりましが、週末だけでやれるビジネスは限られて来てしまうのではないでしょうか?


自宅で、仕事から帰って来てからできるビジネスと考えたとき、たぶん真っ先に浮かんでくるのがネットビジネスではないかと思います。


ネットビジネスは、他人と直接関わらなくとも出来るビジネスが結構あります。その代表的なものはアフィリエイトでしょう。


必要なやりとりは、メールだけですませられるオンラインショップなども考えられます。

しかし、オフラインが中心のビジネスでも、常時電話がとれるような状態でなくともできるビジネスもないことはないでしょう。転送電話などを使えば、携帯電話で対応できますね。


また電話秘書代行を頼むというほうほうもあるでしょう。問題は、一番あなたにあった独立開業ビジネスを見つけるということです。


せっかく独立開業するのに、自分が楽しくない仕事、業種を選ぶのは、ナンセンスだと思います。大変でも、楽しい仕事ならば国なりません。それこそが独立開業の1つの目的でもあるわけですから。

2007年2月 9日|

カテゴリー:独立開業するためのビジネス